即日融資やキャッシング商品に関する法律

即日融資などのキャッシング商品を扱っている会社を大きく分類すると、貸金業法のもとで運営している会社と、銀行法のもとで運営している会社の2つに分類することができます。この法律の違いは、借り入れが出来る上限などにも影響があるそうです。


即日融資を利用する前に今の借り入れを確認

即日融資などを扱う中でも、昔からこのような少額ローンサービスをメインに行っている消費者金融などでは、貸金業法という法律を利用しています。クレジットカードなどの信販会社も同じ法律なので、クレジットカードに関する制限と消費者金融に関する制限は同じものと考えてもいいそうです。銀行と最も大きく違うものは、個人の借り入れに明確な上限として総量規制という制限を設けているところでしょう。ただし、事業主などの事業性ローンなどは法人と判断されるので、この仕組みを適用されません。


銀行には具体的な制限はない

銀行もここ数年で、少額ローンサービス提供を始めているところが多くなっています。銀行は銀行法という別の法律の管理下にありますから、具体的に年収に対する制限などはありません。しかし、保証会社などとの関係性から、消費者金融よりも審査が厳しいという声も多いですから、銀行であれば、上限なく借り入れが出来る、というわけではありません。